県議会議員選挙

宮城県議会議員選挙 2019年の公明党の立候補者

2019年10月に実施の宮城県議会議員選挙は、全部で「20」の選挙区において行われます。

20選挙区の中で、立候補者が定数割れして、投票が行われない選挙区が『7』区あるため、選挙のおける投開票が実施される選挙区は以下の『13』選挙区となります。

  1. 青葉選挙区
  2. 宮城野選挙区
  3. 若林選挙区
  4. 太白選挙区
  5. 泉選挙区
  6. 気仙沼・本吉選挙区
  7. 名取選挙区
  8. 多賀城・七ヶ浜選挙区
  9. 岩沼選挙区
  10. 登米選挙区
  11. 栗原選挙区
  12. 大崎選挙区
  13. 亘理選挙区

上記の中で公明党が候補者を擁立している選挙区は以下の『4』選挙区となります。

  1. 青葉選挙区
  2. 宮城野選挙区
  3. 太白選挙区
  4. 泉選挙区

なお、無投票の選挙区は以下のとおりです。

  1. 石巻・牡鹿選挙区
  2. 塩釜選挙区
  3. 白石・刈田選挙区
  4. 角田・伊具選挙区
  5. 東松島選挙区
  6. 富谷・黒川選挙区
  7. 柴田選挙区

以降、公明党から立候補のあった4選挙区における情勢を記します。

宮城県議会議員選挙【青葉選挙区】2019の公明党立候補者の情勢

この度実施の宮城県議会議員選挙【青葉選挙区】では、定数「7」に対して9名が立候補しています。前回2015年の宮城県議会議員選挙に於いては、定数7に9名の立候補者があって、全立候補者中2名が落選しています。今回の宮城県議会議員選挙では、『2名落選』となる選挙戦が展開されます。

今回、「宮城県議選2019【青葉選挙区】」に立候補している公明党の候補者・全1名は以下のとおりです。

  1. 遠藤 のぶゆき(えんどう のぶゆき):現1・42歳
    ⇒ 党県青年局長。県議1期。創価大学卒。防災士。

※ 年齢は任期満了日を基準。

前回、2015年の宮城県議選【青葉選挙区】は、定数7に9人の立候補があり、2名落選という情勢でした。

そのような状況下にあって、2015年の公明党候補者『1名』は、無事に当選して議席確保を果たしています。

  1. 遠藤 のぶゆき(えんどう のぶゆき):12221.317票獲得【全体2位】

宮城県議会議員選挙【宮城野選挙区】2019の公明党立候補者の情勢

この度実施の宮城県議会議員選挙【宮城野選挙区】では、定数「4」に対して5名が立候補しています。前回2015年の宮城県議会議員選挙に於いては、定数4に5名の立候補者があって、全立候補者中1名が落選しています。今回の宮城県議会議員選挙では、『1名落選』となる選挙戦が展開されます。

今回、「宮城県議選2019【宮城野選挙区】」に立候補している公明党の候補者・全1名は以下のとおりです。

  1. 庄子 けんいち(しょうじ けんいち):現4・56歳
    ⇒ 党県代表。県議4期。東北学院大学卒。防災士。

※ 年齢は任期満了日を基準。

前回、2015年の宮城県議選【宮城野選挙区】は、定数4に5人の立候補があり、1名落選という情勢でした。

そのような状況下にあって、2015年の公明党候補者『1名』は、無事に当選して議席確保を果たしています。

  1. 庄子 けんいち(しょうじ けんいち):10458票獲得【全体2位】

宮城県議会議員選挙【太白選挙区】2019の公明党立候補者の情勢

この度実施の宮城県議会議員選挙【太白選挙区】では、定数「5」に対して6名が立候補しています。前回2015年の宮城県議会議員選挙に於いては、定数5に6名の立候補者があって、全立候補者中1名が落選しています。今回の宮城県議会議員選挙では、『1名落選』となる選挙戦が展開されます。

今回、「宮城県議選2019【太白選挙区】」に立候補している公明党の候補者・全1名は以下のとおりです。

  1. 横山 のぼる(よこやま のぼる):現1・52歳
    ⇒ 党県県民運動本部長、同総支部長。県議1期。東北学院大学卒。防災士。

※ 年齢は任期満了日を基準。

前回、2015年の宮城県議選【太白選挙区】は、定数5に6人の立候補があり、1名落選という情勢でした。

そのような状況下にあって、2015年の公明党候補者『1名』は、無事に当選して議席確保を果たしています。

  1. 横山 のぼる(よこやま のぼる):11044票獲得【全体2位】

宮城県議会議員選挙【泉選挙区】2019の公明党立候補者の情勢

この度実施の宮城県議会議員選挙【泉選挙区】では、定数「5」に対して6名が立候補しています。前回2015年の宮城県議会議員選挙に於いては、定数5に10名の立候補者があって、全立候補者中5名が落選しています。今回の宮城県議会議員選挙では、『1名落選』となる選挙戦が展開されます。

今回、「宮城県議選2019【泉選挙区】」に立候補している公明党の候補者・全1名は以下のとおりです。

  1. 伊藤 かずひろ(いとう かずひろ):現3・60歳
    ⇒ 党県幹事長。県議3期。宮城県仙台向山高校卒、創価大学卒。防災士。

※ 年齢は任期満了日を基準。

前回、2015年の宮城県議選【泉選挙区】は、定数5に10人の立候補があり、5名落選という情勢でした。

そのような状況下にあって、2015年の公明党候補者『1名』は、無事に当選して議席確保を果たしています。

  1. 伊藤 かずひろ(いとう かずひろ):9323票獲得【全体3位】
議会議員選挙と首長選挙の開票速報と選挙結果一覧表

このページは、地方選挙と国政選挙の情報の記事の一覧となります。各記事の内容は、開票速報・開票結果をメインとし、立候補者の情勢・選挙日程・当選者落選者の得票数や投票率などをまとめています。また、各記事のそれぞれは、地方自治体の市議会議員選挙や市長選挙などと共に、参議院議員選挙・衆議院議員総選挙などの国政選挙の情報も網羅しています。
sternlaba.club

都道府県別の開票速報と開票結果

東北ブロック:青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県

北関東ブロック:茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県

南関東ブロック:千葉県 神奈川県 山梨県

東京ブロック:東京都

北陸信越ブロック:新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県

東海ブロック:岐阜県 静岡県 愛知県 三重県

近畿ブロック:滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県

中国ブロック:鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県

四国ブロック:徳島県 香川県 愛媛県 高知県

九州ブロック:福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県